CURRENT
SYNDICATION
募集馬情報
募集馬情報

⑫コスモパルムドール20 (ドゥラメンテ産駒)Cosmo Palme d'Or 20

2020年2月28日生まれ
/ 栗毛(生産:グランデファーム)
2021年12月
2021年11月

生産・育成の現場から

Report

【競走馬名】

ボルダード Bordado 刺繍(西)。運命の糸で紡いだ勝利のエンブレム


2022年5月(2歳育成馬情報)

浦河町のグランデファームにて、BTC内の屋内坂路2本を16秒ペースのキャンター調教を行なった後は、屋内坂路1本と屋外ダートコース1600m、または屋内坂路2本を15-15のキャンター調教を消化。スタッフは「リラックスして走る事を学ばせながら、体力強化に励んでいますが、スケールの大きい走りは相変わらずでスピード感も十分です。脚元のクッションが柔らかく、弾むような大きい走りをするので、芝で走らせてみたいと思わせる馬です。大物感があるのでじっくりと成長させて素質を引き出したいと考えています」と話しています。その後、屋外ダートコースで強めの調教を行なった後に左前肢球節部へ浮腫みが出たため、屋内坂路2本を20秒ペースのキャンター調教を行なっています。スタッフによると「コーナーがあるコースで負荷をかけると脚元に負担が大きくかかってしまうようです。浮腫みが治まって脚元が固まるまでは直線的な坂路コースでの調教だけを行なっていきます」との事です。測尺は体高164cm(+1)・胸囲183cm(+1)・管囲21.5cm、馬体重は515kg(+8)です。なお、本馬の父ドゥラメンテ産駒のスターズオンアースが桜花賞(G1・阪神・芝1600m)を、タイトルホルダーが天皇賞・春(G1・阪神・芝3200m)を制覇。本馬を管理予定の和田(正)厩舎所属のオジュウチョウサンが中山グランドジャンプ(JG1・中山・障4250m)で優勝し、JG1を9勝して自身の持つ最多勝利数記録を更新、加えて日本調教馬初となる11歳でのJRA重賞勝利という大記録を打ち立てました。


2022年4月(解説)

昨夏に急逝したため、僅か5世代を残すのみとなったドゥラメンテですが、これほどの出来映えの馬にはそうそうお目にかかれないのではないでしょうか。兄姉にコスモドームとレグルドールの短距離オープン馬がいる血統はもちろん魅力ですが、動きの良さも目を引きます。現在は浦河町のグランデファームで育成されており、BTC内の坂路を滑らかなフットワークで登坂。走りのバランスが良く、「馬の頭の先から尾の付け根までがまっすぐブレない感覚」と騎乗スタッフが絶賛するほどで、身体付きだけではなく動きのほうも類い稀なのです。さらには、ひとつ上の兄ヴァンダービルトが経験馬相手のデビュー戦を快勝。武豊騎手に「まだ緩い走りだけど、能力で勝ちました。将来が楽しみです」と絶賛されました。そんな兄以上の好素材と見ている本馬には、さらに大きな期待がかかります。本馬の胴長な体型から見て、父の代表産駒である菊花賞馬のタイトルホルダー、小倉大賞典を制したアリーヴォのような将来像が期待できるため、じっくりと鍛えて秋のデビューから王道へ。必ずや父の名を高める存在となってくれるはずです。


2022年4月(2歳育成馬情報)

浦河町のグランデファームにて、BTC内の屋内坂路2本を17秒ペースのキャンター調教を行ないました。スタッフが「馬自身が身体の使い方を覚えてくれたのと整歯治療の効果もあって、右内方姿勢で右コーナーを曲がるのが上手になってきました。ペースを上げていける状態になったので調教を進めていきますが、なかなかのダイナミックなフォームで走る馬なので、これからの動きが楽しみです」と話すように、その後は16秒にペースを上げたキャンター調教を行なっています。スタッフによると「ダイナミックなフォームは変わらないものの、最近は走りに力みが出ているので、身体の使い方に柔らかみが欲しい状態です。体力面が走りたいという精神面に追いついていないのかもしれないので、しばらくはメニューに緩急をつけて調教を行ないます」との事です。なお、本馬の兄ヴァンダービルトが3歳未勝利(阪神・D1400m)のデビュー戦で優勝しました。スタッフは「兄がデビュー戦で強い勝ち方をしてくれましたし、武豊騎手からも期待できるコメントが出ていたので今後が楽しみです。その兄よりも身体の幅が薄くて胴が長い体型をしているし、飛びが大きく腰に力があるので、この仔は芝の長いところが合うと思っています」と分析しています。本馬を管理予定の和田(正)師は「いつ見ても他を圧倒するような雄大な馬体は惚れ惚れしますし、競馬でも必ずやアドバンテージになるでしょうから、手元に置いて育てるのを楽しみにしています。今後については育成状況を確認しながら進める予定です」と話しています。測尺は体高163cm(±0)・胸囲182cm(-1)・管囲21.5cm、馬体重は507kg(+7)です。なお、本馬の父ドゥラメンテ産駒のタイトルホルダーが日経賞(G2・中山・芝2500m)を制して重賞3勝目を挙げました。


2022年3月(2歳育成馬情報)

浦河町のグランデファームにて、BTC内の屋内坂路2本を18秒ペースのキャンター調教を行ないました。スタッフによると「乗っていて身体のバランスが良いと感じるのは、馬の頭の先から尾の付け根までがまっすぐブレずに走るような感覚を受けるからです。ただ、今はまだ右内方姿勢をとるのが上手ではなく、右コーナーを曲がる時に外へ膨らむ癖があるので、身体の使い方を教えながら調教を行なっています」との事です。「体力的には調教をもっと進めていける状態ですが、右コーナーの走り方をもうしばらく訓練して、スムーズに走れるようになってからペースアップしたいと思います。ハミ受けを良くする意味も含めて、整歯治療を行ないます」とスタッフが話す通り、2月中旬までは18秒ペースで、下旬からは17秒にペースを上げたキャンター調教を行なっています。スタッフは「カノンドールやワクワクルンルンも含めて整歯治療を行ない、あらためてハミ受けの確認を行ないながら乗り込みを継続しています。相変らず走りのバランスが良いですし、とてもなめらかな動きをするので、長めの距離が合いそうなタイプだと感じています」と評しています。測尺は体高163cm(+1)・胸囲183cm(+1)・管囲21cm、馬体重は500kg(+8)です。なお、本馬の父ドゥラメンテ産駒のショウナンダールが3歳新馬(東京・D1600m)で優勝し、アリーヴォが小倉大賞典(G3・小倉・芝1800m)を制しました。また、本馬の競走馬名が【ボルダードBordado 刺繍(西)。運命の糸で紡いだ勝利のエンブレム】に決定しました。


2021年11月撮影


2021年10月撮影

血統表

Pedigree Table
ドゥラメンテ
鹿毛 2012
キングカメハメハ
鹿毛 2001
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
アドマイヤグルーヴ
鹿毛 2000
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
エアグルーヴ トニービン
ダイナカール
コスモパルムドール
鹿毛 2004
Yonaguska
黒鹿毛 1998
Cherokee Run Runaway Groom
Cherokee Dame
Marital Spook Silver Ghost
Homewrecker
Gate Swinger
鹿毛 1995
Wayne's Crane L'Enjoleur
True to Romeo
Sovereign Nation Sovereign Dancer
Hazy Nation

募集要項
Information

入厩予定先
関東・美浦・和田正一郎
総額(総口数)
1,800万円(200口)
一口価格
90,000円
維持費
3,000円/月(2歳1月より)
保険料
2,880円/年(2歳より)