CURRENT
SYNDICATION
募集馬情報
募集馬情報

②ダンシングロイヤル20(ドゥラメンテ産駒)Dancing Royal 20

2020年5月7日生まれ
/ 栗毛(生産:村上欽哉牧場)
2020年12月
2021年7月

生産・育成の現場から

Report

2021年11月(1歳育成馬情報)

浦河町の吉澤ステーブルにて馴致を進め、ロンジング・ドライビング運動から騎乗馴致までスムーズに終了しました。厩舎長は「場内角馬場での集団調教に移行してからも、先頭に立ってしっかりと動けるような前向きさも見せていますよ」と話しています。その後はBTC施設での調教を開始しており、ハロン22秒程度のキャンター調教を行なっています。厩舎長によると「騎乗者の指示に従ってしっかりと対応できます。段階を進めても馬体の減少はないですが、次の段階を見据えるとまだ底上げが欲しい状態ですね。今後も調教負荷を高めつつ、馬体・体力両面の成長を促します」との事です。測尺は体高151cm(+1)・胸囲172cm(+2)・管囲19cm、馬体重は417kg(+7)です。なお、本馬の父ドゥラメンテ産駒のダノンティアラが2歳新馬(中山・芝1800m)で優勝し、タイトルホルダーが菊花賞(G1・阪神・芝3000m)を制して初年度産駒初のG1制覇を果たしました。加えて、本馬の兄イツカハシャチョウが3歳以上1勝クラス(阪神・D1800m)で2勝目を挙げ、中1週で臨んだ3歳以上2勝クラスでも3着と好走。近親ジンギも姫山菊花賞(重賞・園田・D1700m)で15勝目を挙げており、獲得賞金が1億2,257万円と快進撃を見せています。


2021年10月(1歳育成馬情報)

新冠町の村上欽哉牧場新厩舎では夜間放牧を行ないました。社長は「ドゥラメンテ産駒のこの仔は気性もほどよくピリッとしていてちょうどいいですね。母は配合する種牡馬がはまれば3つ4つ勝つ産駒を出してくれると常々思っていますが、この仔の良い動きや気性からすると、見事にはまったように感じます。見るからに品があるし、絶対にクズではないと自信があります」と高く評価しています。その後、浦河町の吉澤ステーブルへ移動して育成に入りました。すでにハミ馴致を終え、ロンジング運動を行なっています。厩舎長によると「入厩直後は周りを気にする様子がありましたが、徐々に場内のリズムに慣れて落ち着きました。パドック放牧の行き帰りやブラッシングなどを通して信頼関係を構築しており、ハミや馬服なども抵抗なく受け入れて、初期馴致を順調に進められました。現在はロンジング運動で本格的な馴致を開始。ここまで順調に段階を踏めていますよ」との事です。測尺は体高150cm・胸囲170cm・管囲19cm、馬体重は410kgです。なお、本馬の父ドゥラメンテ産駒のアスクドゥラメンテが2歳新馬(中京・D1800m)で優勝しました。


2021年9月(解説)

この母系の堅実さには驚かされるばかりだ。母は未勝利、黒松賞と逃げて2連勝の快足馬。繁殖としても優秀で、JRAでデビューした産駒3頭、ワンネス(父ストロングリターン)、ヴァルムチェーナ(父ヴィクトワールピサ)、イツカハシャチョウ(父エイシンフラッシュ)は、全て勝ち上がっている。遡れば祖母、曾祖母もJRAの勝ち馬。1勝するだけでも大変と言われる中央競馬において、一族自慢のスピードを武器に勝ち抜いてきた“生命力”は実に心強い。そして父ドゥラメンテは言わずと知れた次代を担うトップサイアー。初年度産駒から弥生賞馬のタイトルホルダー、青葉賞2着のキングストンボーイ、オープン2勝のアスコルターレなどを輩出。2世代目となる現2歳も順調に勝ち上がっており、G1馬が誕生するのも、そう遠い未来の話ではないだろう。本馬は現時点で370kgと小ぶりではあるが、そこは5月の遅生まれ。いかにもこれから良くなりそうな腰高の体形だけに、心配には及ばない。「生産者・村上欽哉×調教師・加藤征弘」は4勝を挙げてオープンまで出世したアビームでお馴染みの黄金タッグ。先輩が果たせなかった重賞制覇へと突き進んで欲しい。


2021年9月(1歳育成馬情報)

新冠町の村上欽哉牧場新厩舎にて夜間放牧を行なっています。社長は「兄妹は全頭勝ち上がっているし、これまで母に種付けする種牡馬のレベルを上げてきているだけあって、産駒の馬体の出来が年々上がってきています。それだけこの繁殖に期待しているんですよ。初仔はストロングリターンでしたが、それでも勝ち上がってくれました。今年生まれのミッキーアイル産駒も生まれてすぐに買い手が決まったほど、この牝系の産駒は人気があります」と熱く語ってくれました。本馬を管理予定の加藤(征)師も「初めて見た当歳の時に、均整のとれた良い身体をしていると感じたのが第一印象です。そのイメージは変わりなくきていますが身体の成長が少しスローなのが気になるけど、育成に入って運動を進めていけば良くなる素材だと思っているし、成長する事を楽しみにしています」と期待を寄せています。なお、本馬は浦河町の吉澤ステーブルにて育成される予定です。また、本馬の父ドゥラメンテ産駒のダークエクリプスが2歳新馬(函館・芝1800m)で優勝しました。そのドゥラメンテが8月31日に早逝したという悲報に接し、残念でなりません。本馬には、若くして世を去った父の血脈をさらに広げるような活躍をしてほしいです。

血統表

Pedigree Table
ドゥラメンテ
鹿毛 2012
キングカメハメハ
鹿毛 2001
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
アドマイヤグルーヴ
鹿毛 2000
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
エアグルーヴ トニービン
ダイナカール
ダンシングロイヤル
鹿毛 2008
サクラバクシンオー
鹿毛 1989
サクラユタカオー テスコボーイ
アンジエリカ
サクラハゴロモ ノーザンテースト
クリアアンバー
デビルインマインド
栗毛 2000
ダンスインザダーク サンデーサイレンス
ダンシングキイ
シーキングロイヤル Seeking the Gold
Canoodling

募集要項
Information

入厩予定先
関東・美浦・加藤征弘
総額(総口数)
2,000万円(200口)
一口価格
100,000円
維持費
3,000円/月(2歳1月より)
保険料
3,200円/年(2歳より)

分割支払い表

支払月 →
申し込み月 ↓
20年10月21年7月 8月 9月 10月 11月 12月 22年1月 2月 3月 4月 分割回数
当年10月~1歳7月 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 10回
1歳8月 11,200 11,100 11,100 11,100 11,100 11,100 11,100 11,100 11,100 9回
1歳9月 12,500 12,500 12,500 12,500 12,500 12,500 12,500 12,500 8回
1歳10月 14,500 14,250 14,250 14,250 14,250 14,250 14,250 7回
1歳11月 16,750 16,650 16,650 16,650 16,650 16,650 6回
1歳12月 20,000 20,000 20,000 20,000 20,000 5回
2歳1月 25,000 25,000 25,000 25,000 4回
2歳2月 33,400 33,300 33,300 3回
2歳3月 50,000 50,000 2回
2歳4月 100,000 1回