CURRENT
SYNDICATION
募集馬情報
募集馬情報

⑨ケイアイメルヘン 19(キンシャサノキセキ産駒)Keiai Marchen 19

2019年2月19日生まれ
/ 鹿毛(生産:リコーファーム)
2019年12月
2020年9月
2020年12月
2021年4月

生産・育成の現場から

Report

2021年9月(2歳育成馬情報)

茨城県のスピリットファームにて、膝蓋部へのブリスター治療後に1週間程度の舎飼いを行なった後、曳き運動を開始しました。社長によると「舎飼いの間は大人しく馬房の中で過ごしていましたし、外に出られるようになってからも、興奮する事なく落ち着いて厩舎周りを歩けています。兄のリーベは、左右の種子骨骨折で長期の舎飼いや治療期間を二度も乗り越えた大した馬ですが、妹もきちんと我慢ができる馬ですね」との事です。続いて角馬場で軽めの騎乗調教を再開し、社長は「まずは常歩からダクで軽めに跨って様子を見ているところですが、今のところ歩様に問題はありませんので、今後は動きを注視しながら少しずつ乗り進めていって、膝蓋周辺が固まってくるのを待ちたいと思います」とコメント。そして8月下旬からは屋外ダートコース1600mを22秒ペースのキャンター調教を行なっています。社長が「膝蓋については、まだまだ完璧な状態とは言えませんが、ブリスターを塗る前と比べたらだいぶ良くなっています。歩様を見ながら徐々にピッチを上げていきますが、進めていけば、また疲れが出てくる事もあると思います。急に良くなるものではありませんので、少し気長に待ってもらえるとありがたいです」と話すように、完治まではもう少し時間を要する見込みです。測尺は体高164cm(±0)・胸囲188cm(-1)・管囲20cm、馬体重は528kg(+6)です。なお、本馬の兄リコーリュウセイが柿の木坂賞(C1クラス・大井・D1200m)で優勝し、4勝目を挙げました。


2021年8月(2歳育成馬情報)

茨城県のスピリットファームにて、屋外ダートコース2400mを18秒ペースのキャンター調教を行ない、社長は「飛節後腫のぶり返しもありませんし、膝蓋の状態も落ち着いていますので、ペースを上げています。ただ、膝蓋に関しては、今は大丈夫ですが、まだ固まってはいません。進めていって不具合が出てくるようであれば、ブリスターを塗るなどして対処したいと思います」とコメント。その後は「膝蓋の状態は落ち着いているのですが、トモの手前の替え方には、ぎこちなさが残ります。まだ歩様が完全ではありませんので、ペースを少し落として距離を乗るようにしています」と社長が話す通り、調教距離を3000mに伸ばして20秒ペースのキャンター調教を行ないました。しかしながら、ゲート練習後に歩様を乱したため、騎乗調教を中断。社長によると「確認のため、久しぶりにゲートから軽く出す練習を行なったところ、走行時に後肢がついてこなくなってしまいました。痛みは一切ないのですが、原因はやはり膝蓋部で、周辺の靭帯が緩んでいる様子ですので、治療を進めたいと思います。ブリスターを塗布する予定ですので、治療開始から2週間は調教を休ませる事になりますが、しっかり治したいと思います」との事で、7月下旬に膝蓋部へのブリスター治療を行ない、その後は舎飼いで静養しています。測尺は体高164cm(±0)・胸囲189cm(+1)・管囲20cm、馬体重は522kg(+6)です。なお、本馬の従兄バルドダンサーが月下美人特別 (B2・川崎・D1600m)で優勝しました。


2021年7月(2歳育成馬情報)

茨城県のスピリットファームにて、屋外ダートコース2400mを18秒ペースのキャンター調教を行ない、社長は「腰からトモ周辺の治療と経過観察を続けてきて、膝蓋がウィークポイントなのがはっきりしました。また、最近になって右飛節の後腫も出はじめました。今後も獣医さんとしっかり連携して、対症療法を実施しつつ適度に調教を続けながら、馬が強くなってくるのを待ちたいです」とコメント。その後、「右の飛節後腫が軽く熱を持ちはじめましたので、調教ペースを落として、冷却治療を行なっています。痛みはなく歩様の異常もありませんので調教は継続していますが、しばらくは様子を見ながら加減が必要ですね」と社長が話すように調教ペースを緩めました。翌週になると「右の飛節後腫については、だいぶ固まってきたようで状態は落ち着いています。膝蓋のほうはしっかりするまでには時間が必要だと思いますので、馬に合わせて進めていきます。リーベの妹ですから会員さんの期待の大きさは解っているのですが、少し気長に待ってもらえたらと思います」と社長が話す通り、患部の良化がうかがえました。6月下旬には「後肢の痛みは治まっているものの、過度な負担はかけたくありませんから坂路入りはしばらく控えたままですし、同じ理由でゲートの発馬練習は行なっていないのですが、駐立と通過に関してはまったく問題ありません」と社長が話しています。測尺は体高164cm(±0)・胸囲188cm(+2)・管囲20cm、馬体重は516kg(+4)です。なお、本馬の父キンシャサノキセキ産駒のカイカノキセキが2歳新馬(札幌・芝1000m)で優勝しました。

血統表

Pedigree Table
キンシャサノキセキ
鹿毛 2003
フジキセキ
青鹿毛 1992
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston's Mill
ケルトシャーン
鹿毛 1994
Pleasant Colony His Majesty
Sun Colony
Featherhill Lyphard
Lady Berry
ケイアイメルヘン
栗毛 2002
エンドスウィープ
鹿毛 1991
フォーティナイナー Mr. Prospector
File
Broom Dance Dance Spell
Witching Hour
ブリーダーズフライト
鹿毛 1985
Cutlass Damascus
Aphonia
Flight Barachois
Bright Merry

募集要項
Information

入厩予定先
関東・美浦・奥平雅士
総額(総口数)
1,000万円(200口)
一口価格
50,000円
維持費
3,000円/月(2歳1月より)
保険料
1,600円/年(2歳より)

分割支払い表

支払月 →
申し込み月 ↓
19年10月20年7月 8月 9月 10月 11月 12月 21年1月 2月 3月 4月 分割回数
当年10月~1歳7月 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 10回
1歳8月 5,600 5,550 5,550 5,550 5,550 5,550 5,550 5,550 5,550 9回
1歳9月 6,250 6,250 6,250 6,250 6,250 6,250 6,250 6,250 8回
1歳10月 7,400 7,100 7,100 7,100 7,100 7,100 7,100 7回
1歳11月 8,500 8,300 8,300 8,300 8,300 8,300 6回
1歳12月 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 5回
2歳1月 12,500 12,500 12,500 12,500 4回
2歳2月 16,700 16,650 16,650 3回
2歳3月 25,000 25,000 2回
2歳4月 50,000 1回