CURRENT
SYNDICATION
募集馬情報
募集馬情報

04 ミンナノアイドル18Minnano Idol 18

2018年5月1日生まれ
/ 芦毛(生産:佐藤牧場)
2018年12月
2019年12月
2020年6月

生産・育成の現場から

Report

2020年11月(育成情報)

茨城県のスピリットファームにて、屋外ダートコース3000mと坂路1本を18秒ペースのキャンター調教を行ないました。社長は「一旦は良くなりかけたゲートだったのですが、練習を繰り返すうちに再び難しい面を出すようになってきました。尾関先生や中間に様子を見にきてくれた西塚助手とも話をしたのですが、この仔にはトレセンに入れてからゲートに縛るなどの荒療治が必要になるかもしれません。乗るほうに関しては至って順調です。走りだしてしまえば悪さもしませんし、動きは薄手の身体に似合わず実にしっかりとしています」とコメント。翌週も「ゲートに関しては相変わらずで、枠内で止めると立ち上がろうとします。ちょっと嫌気が差している感じですけど、入って通り抜ける分には問題ありませんから、駐立の練習を一旦休んで毎日通過だけさせています。細い割に体力はまずまずありそうですし、四肢のブレが少なくて動きも悪くありません。飼葉だって食欲旺盛とは言えないまでも食べてくれますから、とにかくゲートを何とかしたいですね」と話しており、課題のゲートに関して細心の注意を払いつつ進めています。管理予定の尾関師も「スピリットさんへ移動後も休ませる事なく乗り込めていますし、走るほうに関しては特に問題ありませんから、あとはゲートですね。こちらについては、トレセンの中でじっくりと腰を据えて取り組もうと考えています。そのため、馬房の調整をつけるのに少々お時間をいただきますので、入厩はもうしばらくお待ちください」と話しています。その後は17秒にペースを上げたキャンター調教を行なっています。測尺は体高163cm(±0)・胸囲179cm(+1)・管囲20cm、馬体重は418kg(+4)です。なお、本馬の近親クリノオウジャが二本松特別(3歳以上1 勝クラス・福島・芝1800m)で2勝目を挙げました。


2020年10月(育成情報)

新ひだか町のヤマダステーブルから茨城県のスピリットファームへ移動しました。社長が「9月5日に無事到着しました。着いたばかりでまだこちらの飼葉に慣れていないせいか食いは少し細いのですが、体温も安定していて輸送疲れは感じられませんでしたから、すぐに調教を再開できました。馬場に出ると入れ込み加減で今のところは手がかかりそうな感じも若干は見受けられますが、慣れてしまえば特に問題ないと思いますし、まずは馬が元気なのが何よりです」と話すように、長距離の移動を問題なく済ませています。中旬からは屋外ダートコース2400mと坂路1本を20秒ペースのキャンター調教を行ない、社長は「まだカリカリした面を見せてはいるものの、到着直後と比べたらだいぶ落ち着きは出てきました。食いについても午前の飼葉はまだ半分ぐらいは残してしまいますが、午後の分はきちんと完食してくれます。調教の動きに関しては気になるところもなく走りはしっかりとしていますので、様子を見ながら進めていきたいと思います」とコメント。その後、新たな環境にも慣れてきた事からゲート練習も開始しました。社長によると「まだ駐立が苦手で前扉を開いていても枠内でじっとしていられませんから、納得のいくところまで持っていくのに少し時間がかかるかもしれません。コースでの入れ込みはだいぶ軽くなりました。うるさいのもダクまででキャンターに入ってしまえばもう問題ありません。動きも含めて先々週よりも先週、先週よりも今週と着実に良くなっています」との事で、スムーズに乗り込みが進んでいます。また、本馬の気性面については「この1週間でゲートにもだいぶ慣れてくれたようです。教えられた事を最初からパッパと実行できるようなタイプではないかもしれませんが、求められている事を理解してしまえば反抗的な態度はとりません。まだ幼いですし入れ込みやすいところもありますが、基本的には素直な性格をした馬だと思います」と評しています。測尺は体高163cm(±0)・胸囲178cm(-2)・管囲20cm、馬体重は414kg(-18)です。なお、本馬の父モーリス産駒のブルメンダールが中山・芝1600mで、ピクシーナイトが中京・芝1400mで、ノースブリッジが中京・芝2000mで、それぞれ2歳新馬を優勝しました。


2020年9月(育成情報)

新ひだか町のヤマダステーブルにて、場内の丸馬場2000mと屋外坂路1本を15-15のキャンター調教を行ない、スタッフは「少しの期間だけですが調教を緩めた事で飼葉食いはもとに戻っています。ただ、ガツガツと食べるわけではなく、ゆっくりと時間をかけるのはこれまで通りで変わっていません」とコメント。続いて調教ペースを14秒に上げました。スタッフによると「北海道なりに気温の高い日が続いていますが、芦毛は日光の影響を受けにくいためか、強めの調教を再開しても疲れて大人しくなる事はなく、相変わらずチャカチャカしていて元気一杯です」との事です。その後はさらにペースを上げて13-13の調教を行なっています。スタッフは「これまで強めの調教を行なっても脚元に不安は一切出ていないように、とても丈夫な馬だと思います。お兄さんたちは脚元に不安が出たようですが、この仔はそんな心配はないでしょう」と推測しており、順調に乗り込みが進められそうです。測尺は体高163cm(±0)・胸囲180cm(+1)・管囲20cm、馬体重は432kg(+13)です。なお、本馬の父モーリス産駒4頭が2歳新馬で優勝。ストゥーティが新潟・芝1600mで、テーオーメアリーが札幌・芝1200mで、インフィナイトが新潟・芝1600mで、ルドヴィクスが新潟・芝1800mでそれぞれ勝ち上がっています。また、カイザーノヴァがクローバー賞(OP・札幌・芝1500m)で2勝目を挙げており、初年度産駒が勢いに乗っています。

血統表

Pedigree Table
モーリス
鹿毛 2011
スクリーンヒーロー
栗毛 2004
グラスワンダー Silver Hawk
Ameriflora
ランニングヒロイン サンデーサイレンス
ダイナアクトレス
メジロフランシス
鹿毛 2001
カーネギー Sadler's Wells
Detroit
メジロモントレー モガミ
メジロクインシー
ミンナノアイドル
芦毛 2007
オグリキャップ
芦毛 1985
ダンシングキヤツプ Native Dancer
Merry Madcap
ホワイトナルビー シルバーシヤーク
ネヴアーナルビー
グレイスクイン
芦毛 1993
メンデス ベリフア
Miss Carina
ミミートウショウ ニゾン
フアストブルー

募集要項
Information

入厩予定先
関東・美浦・尾関知人
総額(総口数)
1,200万円(200口)
一口価格
60,000円
維持費
3,000円/月(2歳1月より)
保険料
1,920円/年(2歳より)

分割支払い表

支払月 →
申し込み月 ↓
18年10月19年7月 8月 9月 10月 11月 12月 20年1月 2月 3月 4月 分割回数
当年10月~1歳7月 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 10回
1歳8月 6,800 6,650 6,650 6,650 6,650 6,650 6,650 6,650 6,650 9回
1歳9月 7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 8回
1歳10月 8,700 8,550 8,550 8,550 8,550 8,550 8,550 7回
1歳11月 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 6回
1歳12月 12,000 12,000 12,000 12,000 12,000 5回
2歳1月 15,000 15,000 15,000 15,000 4回
2歳2月 20,000 20,000 20,000 3回
2歳3月 30,000 30,000 2回
2歳4月 60,000 1回