CURRENT
SYNDICATION
募集馬情報
募集馬情報

⑨ルージュマジック21 (ワールドエース産駒)Rouge Magic 21

2021年3月30日生まれ
/ 黒鹿毛(提供:パッショーネ)

2022動画カタログ

2022年6月

生産・育成の現場から

Report

2023年1月(2歳育成馬情報)

新冠町の松木加代牧場では、12月中旬までは夜間放牧を、気温の低下によって地面が硬くなってからは昼間放牧を行ないました。パッショーネ代表が「馬体成長を促すための放牧で、もくろみ通りに身体が成長してくれました。全体的に肉付きが良くなり、ひとまわり大きくなっています。元気があり余っていて、昼間放牧にしてからは僚馬と放牧地を爆走していたそうです。年明けまで放牧する予定でしたが、硬い放牧地でそんなに走ると危ないから、予定より早くこちらへ戻しました」と話す通り、その後に同町のパッショーネへ移動しました。新年からはハッキングの距離を延ばした基礎体力強化の調教を進める予定です。測尺は体高156cm(±0)・胸囲176cm(+2)・管囲19cm、馬体重は430kg(+10)です。なお、本馬の従兄ウシュバテソーロが東京大賞典(Jpn1・大井・D2000m)を重賞初挑戦で制覇し、3連勝で7勝目を挙げるという怒涛の勢いを見せています。


2022年12月(1歳育成馬情報)

新冠町のパッショーネにて、屋外ダート坂路2本を14-14または角馬場4000mのハッキングと屋内ウッドチップ坂路1本を16秒ペースの調教を行なった後、同町の松木加代牧場へリフレッシュ放牧に出ました。その後にパッショーネへ戻り、再び屋外ダート坂路2本を14-14の調教を消化しています。代表は「身体は細身ですが体力もスピードもあるし、函館芝1200mでのデビューを目標にして調教を進めていきたいです。坂路で14-14の調教をした後に乳酸値測定を行なったところ、あり得ないくらいに数値が低く、獣医師が間違いないかと何度も測定しなおすほどでした。同世代の平均と比べると半分くらいなんです。実際、この仔の筋肉はスタミナに重要な遅筋が多く、スピードに重要な速筋が少ないように見えるので、疲れがたまらないため数値が低く出るのかもしれません。獣医師は『典型的なステイヤーなのかな』と話していますが、乗った感じはスピードタイプなので、そんな事はないと思っています。今後どんな成長をしてくれるか楽しみですね。この話は伊坂先生が来場されたときにお伝えしました」と話しています。本馬を管理予定の伊坂師は「この時期にスピード調教を行なっても乳酸値が低いままなのは、心肺機能が高く相当なエンジンを積んでいるのだろうと西野代表と話しています。動きも実に良く、順調に成長を遂げていると思います」と、高く評価しています。測尺は体高156cm(+1)・胸囲174cm(+3)・管囲19cm、馬体重は420kg(+16)です。その後に再び松木加代牧場へ放牧に出て、馬体成長を促しています。なお、本馬の近親ウシュバテソーロがカノープスS(OP・阪神・D2000m)で優勝してブラジルCに続く2連勝を挙げ、従叔母ブルーイングリーンが2歳新馬(東京・芝1400m)で優勝しています。


2022年11月(1歳育成馬情報)

新冠町のパッショーネにて、屋外ダート坂路2本を16秒ペースまで進めた後、先月のジョディーズロマン21と同様に環境の変化を経験させるため、札幌市のモモセライディングファームへ移動して角馬場運動を実施。パッショーネへ戻ってからは、屋外ダート坂路2本を15-15、または角馬場4000mのハッキングと屋内ウッドチップ坂路1本を16秒ペースのキャンター調教を行なっています。代表によると「見るからに芝のスピードタイプですね。実際に跨ると見た目よりも身体がしっかりとしていて走りも安定しており、力もある馬です。年内に14-14まで進める予定です。小柄な牝馬なので馬体成長を促す時間を多くとりたいですから、12月に再度松木さんのところへリフレッシュ放牧に出すつもりです」との事です。また、本馬を管理予定の伊坂師は「馬格があってバランスのとれた良い馬だというのが第一印象です。その後血統など資料を見てみたら、従兄弟にボールドブライアンの名前を発見。牧場での修業時代に調教に乗っていた馬だったので、懐かしさを覚えました。馬体や兄弟の傾向からは、どちらかというとダート向きのように思いますが、ボールドブライアンは芝の活躍馬でしたので、父ワールドエースと配合した狙いからも芝適性を感じとれますね。この先の育成を通して、どんな成長を見せてくれるのか楽しみにしています」と話しています。測尺は体高155cm・胸囲171cm・管囲19cm、馬体重は404kg(+4)です。なお、本馬の近親ウシュバテソーロがブラジルC(L・東京・D2100m)で5勝目を挙げました。また、本馬を管理予定である伊坂厩舎所属馬マーゴットレーヴが2歳新馬(東京・D1400m)で優勝しました。


2022年11月撮影


2022年6月撮影

血統表

Pedigree Table
ワールドエース
鹿毛 2009
ディープインパクト
鹿毛 2002
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
マンデラ
栗毛 2000
Acatenango Surumu
Aggravate
Mandellicht Be My Guest
Mandelauge
ルージュマジック
鹿毛 2008
アフリート
栗毛 1984
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Polite Lady Venetian Jester
Friendly Ways
シジェームサン
黒鹿毛 1992
Septieme Ciel Seattle Slew
Maximova
Samalex Ela-Mana-Mou
Pampas Miss

募集要項
Information

入厩予定先
関東・美浦・伊坂重信
総額(総口数)
600万円(200口)
一口価格
30,000円
維持費
3,000円/月(2歳1月より)
保険料
960円/年(2歳より)

分割支払い表

支払月 →
申し込み月 ↓
22年8月 9月 10月 11月 12月 23年1月 2月 3月 4月 分割回数
1歳8月 3,600 3,300 3,300 3,300 3,300 3,300 3,300 3,300 3,300 9回
1歳9月 3,750 3,750 3,750 3,750 3,750 3,750 3,750 3,750 8回
1歳10月 4,500 4,250 4,250 4,250 4,250 4,250 4,250 7回
1歳11月 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 5,000 6回
1歳12月 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 5回
2歳1月 7,500 7,500 7,500 7,500 4回
2歳2月 10,000 10,000 10,000 3回
2歳3月 15,000 15,000 2回
2歳4月 30,000 1回