CURRENT
SYNDICATION
募集馬情報
募集馬情報

10 スモーキークォーツ18Smoky Quartz 18

2018年4月10日生まれ
/ 芦毛(生産:チェスナットファーム)
2020年4月
2020年5月

生産・育成の現場から

Report

2020年6月

茨城県のチェスナットファーム阿見TCでは屋外ダートコース3000mを15-15のキャンター調教を行ない、スタッフは「ゴールデンウィークあたりを境に馬がさらに良くなってきましたし、杉山先生から『準備が整い次第いつでも入厩させられるように、そろそろ栗東トレセンの近くに馬を動かしておきましょうか』とお話もいただきましたので、このタイミングで京都へ移動させる事になりました。兄や姉と比べると臆病なところもなくて割とどっしりと構えていますから、環境の変化は苦にしないタイプです。それでいて馬にいく気もありますし、速いところへいった時の背中の感じがすごく良いので、今のところ注文らしい注文はありません。もうひとつ付け加えると、強めの調教を重ねてきても全然へこみません。馬が強いです」と評しています。その後、京都府の宇治田原優駿ステーブルへ移動して、屋外ウッドチップコース1800mと坂路1本をハッキングキャンターの調教を行ないました。マネージャーによると「先週一杯まではウォーキングマシン運動のみで輸送後の様子を見ていましたが、輸送熱もなく飼葉は食べていましたし、獣医チェックでも問題ありませんでしたので、5月18日から馬場入りを開始しています。まだ馬も騎乗スタッフも初コンタクトでお互いに慣れていませんので、まずは場内施設のスクーリングも兼ねて軽めを乗っているところですが、さしあたって問題も見当たりませんので、週末には調教ペースを上げていけそうです」との事です。その後は坂路1本とウッドチップコースでの調教距離を2400mに延ばして20秒ペースのキャンター調教を行なっています。マネージャーは「体調も飼葉の食いも安定していますので、もう少し強めに進めていきたい気持ちはあるのですが、一緒に調教を行なっている2歳馬がうるさく、現状でほかにパートナーを務められそうな同い年の馬もいないため、相手のテンションが落ち着いてくるのを待っているところです」と話しており、僚馬の精神的な成長を待ってペースを上げていく予定です。測尺は体高160cm(±0)・胸囲180cm(±0)・管囲20.5cm、馬体重は435kg(+5)です。なお、本馬の入厩予定先である栗東トレセン・杉山(晴)厩舎所属のデアリングタクト号がオークス (G1・5月24日・東京11R・芝2400m)を制し、63年ぶり史上2頭目となる無敗での桜花賞・オークス制覇の偉業を達成しています。また、本馬の競走名が【グレイスキッパー Gray Skipper (英語)「本馬の毛色+飛び跳ねる」母母名より連想】に決定しました。


2020年5月

茨城県のチェスナットファーム阿見TCへ到着後は、屋外ダートコース3000mを18秒ペースのキャンター調教を消化。場長が「今週中に15-15を開始予定ですし、こちらに着いてからも順調です。多少敏感なところはありますが、気性は前向きですね。この血統は少しピリピリする気性を持っていて、それが良い方向に向くと兄のように走ると思います。脚元も問題ないですから、早期デビューを目指してどんどん調整を進めていきますよ」と話すように、その後は15-15にペースを上げた調教を行なっています。場長は「まだ速いところを乗った本数は少ないですが、楽な感じで動けていますし、綺麗な走りをしますね。バネも感じさせますから、良い瞬発力がありそうです。これからもう少し身体に幅が出てくれば、動きはさらに良くなると思います」と評しています。測尺は体高160cm(±0)・胸囲180cm(-2)・管囲20.5cm、馬体重は430kg(-20)です。4月下旬には、場長が「先週あたりも動きはとても良かったのですが、久しぶりに動かした分、馬に少し戸惑いも感じられました。今はそれがなくなって反応が良くなりました。身体つきについては、まだ少し細く見せてはいます。運動量が増えた分、引き締まった感じで筋肉量は落ちてはいないのですが、先の事を考えてもう少し余裕を持たせた造りにしていきたいです」とコメントしています。なお、本馬を管理予定である杉山(晴)厩舎所属のデアリングタクト号が、デビューから3連勝で桜花賞(G1・阪神・芝1600m)を制覇。同じくブルベアイリーデ号がオアシスS (L・東京・D1600m)で優勝しており、勢いに乗っています。


2020年4月(解説)

2歳8月にデビューし、2戦目に初勝利。3歳4月のひめさゆり賞では1番人気に応えて、プリンシパルSにまで駒を進めたレターオンザサンドの半妹がラインナップに厚みを加えてくれることになった。父はダイワメジャー産駒のカレンブラックヒル。初年度産駒から9世代連続、そして9年連続で重賞勝馬を送る祖父のスピードを受け継ぎ、現役時代はデビューから不敗のままNHKマイルカップ、そして毎日王冠まで勝ち進んだ希代の天才ランナーだ。種牡馬として、そのスピードを産駒に伝え、初年度産駒セイウンヴィーナスがクイーンC 3着、メルテッドハニーがマーガレットS 2着と牝馬クラシック路線を賑わせているほか、交流重賞エーデルワイス賞でもアザワクがNAR 2歳最優秀牝馬に半馬身差2着と健闘。中央地方でトップレベルの馬を輩出している。本馬を生産、そして育成するチェスナットファームの代表は「半兄との比較で、馬体の完成度は高い。兄以上に早い時期からの活躍が期待できる」と話し、「馬の世界で働き続けるきっかけにもなったこの母系をつないでいきたい。競走馬としてはもちろん、その先までの期待馬です」と期待に胸を膨らませている。

血統表

Pedigree Table
カレンブラックヒル
黒鹿毛 2009
ダイワメジャー
栗毛 2001
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
スカーレットブーケ ノーザンテースト
スカーレツトインク
チャールストンハーバー
鹿毛 1998
Grindstone Unbridled
Buzz My Bell
Penny's Valentine Storm Cat
Mrs. Penny
スモーキークォーツ
芦毛 2004
ヘクタープロテクター
栗毛 1988
Woodman Mr. Prospector
プレイメイト
Korveya Riverman
Konafa
エイシンフリスキー
芦毛 1990
ジヤツジアンジエルーチ Honest Pleasure
Victorian Queen
ダムグリス Grey Dawn
Bessie's Mother

募集要項
Information

入厩予定先
関西・栗東・杉山晴紀
総額(総口数)
800万円(200口)
一口価格
40,000円
維持費
3,000円/月(2歳1月より)
保険料
1,280円/年(2歳より)