CURRENT
SYNDICATION
募集馬情報
募集馬情報

11 外ライラックローズ18Lilac Rose 18

2018年9月19日生まれ
/ 鹿毛(提供:村上欽哉牧場)
2020年6月

生産・育成の現場から

Report

2021年1月(育成情報)

茨城県の阿見トレーニングセンター内にあるリバティホースナヴィゲイトにて、屋外ダートコース2400mを18秒ペースのキャンター調教を行なっています。スタッフが「走りのバランスを整えていく過程で筋肉痛が出てしまいましたが、じっくりほぐしてあげた事で痛みはとれていますし、腰周りには良い感じで肉が付きはじめて、少しずつ後ろ半身が大きくなってきました」と評すように、馬体成長がうかがえます。その後、「再び腰の筋肉が張ってきました。歩様も多少硬い感じではあるのですが、前回のような筋肉痛の症状は出ていませんので、ウォーミングアップとクーリングダウンにしっかり時間をさきながら緩めずに調教を進めています」とスタッフが話すように腰部の筋肉へ張りが見られましたが、大きな問題ではなさそうです。12月下旬には「歩様には柔らかみが戻ってきましたし、もう一段パワーアップした感じがします。それに、身体つきや体力面の変化に合わせて、顔つきもキリッとかっこいい感じに変わってきたと思います」とスタッフが評しており、馬体・体力・表情ともに成長を感じさせます。測尺は体高159 cm(±0)・胸囲185cm(+1)・管囲20cm、馬体重は465kg(-1)なお、本馬の父ミッキーアイル産駒のデュアリストが兵庫ジュニアグランプリ(G2・園田・D1400m)を制覇。さらに、本馬の近親レッドクレオスが3歳以上2勝クラス(中山・芝1600m)で3勝目を挙げました。


2020年12月(育成情報)

茨城県の阿見トレーニングセンター内にあるリバティホースナヴィゲイトにて、屋外ダートコース2400mを17秒ペースのキャンター調教を行ない、スタッフは「体力面はだいぶしっかりしてきましたから、精神面が追いついてくるといいですね。ひょっとしたら精神的な成熟度とは関係なくて、ただ単に流されやすい性格なだけかもしれませんが、良くも悪くも周りの馬に引っ張られてしまいます。そういった意味では、加藤征弘先生の厩舎にはよく訓練されて能力も高い馬がそろっていますから、良い影響が期待できそうです」と話しています。続いて15-15にペースを上げたキャンター調教を実施。スタッフによると「基礎体力トレーニングからスピード調教に移っていますが、追わずにジワーッと加速させるよう心がけています。もともと前向きすぎるぐらいの気性ですから、普段からその気にさせているとスピードだけの馬になってしまいそうです。それでも能力である程度いいところまでいってくれそうな気はしますが、抑えが利けば距離が延びても出世する馬だと思っています。追わず抑えず乗る事で身体の使い方も変わってきて、走行中の力みが抜けて背中の伸びが出てきました。そのぶん後肢の稼動域が少し広がって、あまり使ってこなかった筋肉を使うようになったと思われ、これまでには見られなかった張りが腰からトモの筋肉に出てきました。でも、これは後ろからの推進力アップに繋がるはずです」との事です。その後は20秒ペースに緩めたキャンター調教を行なっています。スタッフは「張りのあった両腰に筋肉痛が出ていますので、大事をとって速いところは控えています。ただ、ほぐしながら乗っていけば克服できる程度で症状としては軽いですから、回復するのは早いと思います」と分析しています。測尺は体高159cm(±0)・胸囲184cm(±0)・管囲20cm、馬体重は466kg(+7)です。なお、本馬の父ミッキーアイル産駒のメイケイエールがファンタジーS(G3・阪神・芝1400m)を2歳レコードタイムで制して、3連勝で重賞2勝目を挙げました。また、本馬の叔母ラッキーライラックがエリザベス女王杯(G1・阪神・芝2200m)を連覇してG1競走4勝目を挙げています。さらに、本馬と同じく2018年生まれのアローフィールドスタッド生産馬の父ミッキーアイル産駒(母In the Clear)が、オーストラリアで行なわれた2歳トレーニングセールにて同セール最高額となる50万豪ドルで落札されており、海外でも父の産駒の評価が上がっています。本馬への期待もますます高まるばかりです。


2020年11月(育成情報)

茨城県の阿見トレーニングセンター内にあるリバティホースナヴィゲイトにて、屋外ダートコース2400mを18秒ペースのキャンター調教を消化。スタッフによると「馬体成長を促しながらの調教を続けていますから、あえてペースは少しずつしか上げていません。ただ、最近はだいぶ体力が付いてきたので、抑えるのが大変です。単騎で乗っている分には問題ないのですが、前に仲間がいるのを見つけると、元気が良いのを通り越してフンフン言いながら飛んでいきそうになります」との事です。翌週にはスタッフが「最初の頃と比べたら落ち着きが出たとは思いますが、まだまだ精神的に幼くて何かに驚いたり急にソワソワしたりといった事は多いです。ただ、そういった時に立ち止まったり後ずさりしたりせずに前へ逃げるのがこの仔の面白いところです。ビックリして走る。不安になって走る。何でも走って解決なので、知らず知らずのうちに体力が強化されるかもとひそかに期待しています」と、スタッフが本馬の興味深いエピソードを教えてくれました。その後は17秒にペースを上げた調教を行なっています。社長は「まだまだ物足りなさを多分に残してはいるものの、ようやく基礎体力が付いてきて、頼りなかった動きに安定感が出てきました。体調は安定していて飼葉食いも良好ですので、引き続き体力強化を促すべく調整を続けます」と話しており、ゆっくりではありますが、体力・動きともに成長がうかがえます。なお、本馬の叔父ライルが3歳以上1勝クラス(中山・芝2200m)で2勝目を挙げました。さらに近親インシュラーが障害未勝利 (新潟・芝2850m)で優勝し、平地競走と合わせて3勝目を挙げています。また、本馬の父ミッキーアイル産駒のララクリスティーヌが2歳新馬(京都・芝1400m)で優勝しました。測尺は体高159cm(±0)・胸囲184cm(-1)・管囲20cm、馬体重は459kg(-4)です。

血統表

Pedigree Table
Mikki Isle
鹿毛 2011
ディープインパクト
鹿毛 2002
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
スターアイル
鹿毛 2004
ロックオブジブラルタル デインヒル
Offshore Boom
アイルドフランス Nureyev
ステラマドリッド
Lilac Rose
鹿毛 2012
Henrythenavigator
黒鹿毛 2005
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
Sequoyah Sadler's Wells
Brigid
ライラックスアンドレース
栗毛 2008
Flower Alley Distorted Humor
プリンセスオリビア
Refinement Seattle Slew
ステラマドリッド

募集要項
Information

入厩予定先
関東・美浦・加藤征弘
総額(総口数)
1,800万円(200口)
一口価格
90,000円
維持費
3,000円/月(2歳1月より)
保険料
2,880円/年(2歳より)