CURRENT
SYNDICATION
募集馬情報
募集馬情報

⑫リュシオル22 (リアルスティール産駒)Luciole 22

2022年3月7日生まれ
/ 鹿毛(提供:ハシモトファーム)

2024年4月

2023年12月

2023動画カタログ(高画質動画はこちら

2023年11月

生産・育成の現場から

Report

【競走馬名】

ルーメン Lumen 光束の単位(英)。母名より連想


2024年6月(2歳育成馬情報)

新冠町のパッショーネにて、右前肢の繋靭帯近位付着部炎の治療のため舎飼いで静養し、スタッフは「この休養期間で馬体が数値以上に大きくなったように感じます。運動をしていないので脂肪分が増えている事もあるけど、身体がムチムチして幅が出ています」とコメント。その後、「検査で右膝裏部の回復具合を見たところ9割方回復していたので、ごく軽い運動を開始しました。6月初旬から騎乗運動を再開できるでしょう」と代表が話す通り、5月中旬に曳き運動を開始しました。代表は「舎飼い続きで暇そうにしていたときは、これまでと違って人の言う事を理解しようとするような雰囲気が感じられました。これから調教に進めたときに鞍上の指示を理解しようとする気持ちを持っていてくれれば、スムーズに調教が進むでしょう」と期待。さらに「馬房にいるときも曳き運動時も落ち着きがあって良い雰囲気です。気持ちにゆとりが出て、心身ともに大人びてきた感じがします。長期間の舎飼いというストレスを経験して、我慢する事を覚えてくれたのかもしれません。患部の再検査をもうすぐ行なって、完全に回復した事を確認してから騎乗調教を再開します」と話すように、精神面の成長がうかがえます。測尺は体高156cm(±0)・胸囲177cm(+1)・管囲19cm、馬体重は426kg(+6)です。なお、本馬の父リアルスティールの産駒フォーエバーヤングがケンタッキーダービー(G1・米・D2000m)で3着に、ヴェローチェエラが京都新聞杯(G2・京都・芝2200m)で3着に、チカッパが兵庫チャンピオンシップ(Jpn2・園田・D1400m)で2着に健闘しました。また、本馬の提供者であるハシモトファームのクラブ所属馬ペルフェツィオーネが3歳未勝利(京都・芝1600m)で初勝利を挙げました。


2024年5月(2歳育成馬情報)

新冠町のパッショーネにて、右前肢の繋靭帯近位付着部炎のため舎飼いで静養しています。代表は「今にして思えば、右膝裏部の炎症は1カ月間で体高が2cmも伸びる成長期に起こった事なので、調教が過負荷になっていたのかもしれず反省しています。怪我での休養になってしまったけど、もうひと回り馬体成長してくれればと思います」と話しています。代表が「右膝裏部の回復のため、2カ月ほどは安静にする必要があるので、舎飼いを続けています。特に治療の必要はなく、安静にして自然な治癒を待つ事が最適との獣医師の診断です」と話すようにその後も舎飼いが続いているため、「馬房内で暇そうにしています。自由に動きまわれない代わりに馬房の裏窓から顔を出してブンブン頭を振って、ストレスを発散しているようです」との事です。測尺は体高156cm(±0)・胸囲176cm(+2)・管囲19cm、馬体重は420kg(+16)です。なお、本馬を管理予定の鮫島厩舎所属リフレーミングが福島民報杯(L・福島・芝2000m)で優勝。また、本馬の父リアルスティールの産駒アレンジャーがアーリントンC(G3・阪神・芝1600m)で2着に健闘しました。


2024年4月(解説)

この半年で、血統的価値が飛躍的に上がった。リアルスティール産駒は昨秋以降の活躍が目覚ましく、レーベンスティールがセントライト記念、フォーエバーヤングが全日本2歳優駿とサウジダービーを制覇。ドナベティやチカッパなどオープン勝ち馬も続々と出てきた。一方の母系は、半兄のグリューヴルムが3月のオークランドTRTを制し、待望のオープン入り。そもそも母の全姉スリープレスナイトは2008年のスプリンターズSの覇者である。近親にもG1馬がズラリと並ぶ名牝系の出身なのだ。そう考えると、募集価格の900万円は破格の安値といえる。牝馬らしく、少々小ぶりではあるが、芯はしっかりとあるタイプ。むしろ現時点での課題は肉体面よりも精神面にある。我が強く、鞍上に反抗的な面があるので、指示に従って走れるように工夫して調教中。集中力が出てくれば、もうワンランク上の走りができるだろう。遺伝子はスピードとスタミナを併せ持った中距離タイプのC-T型。血統や馬体のイメージ通りだ。「山椒は小粒でもぴりりと辛い」という言葉がぴったりの元気印だが、今しばらくは鍛錬が必要。心身共に競走馬らしくなった時にどんな走りを見せてくれるのか、楽しみにしたい。


2024年4月(2歳育成馬情報)

新冠町のパッショーネにて、角馬場での障害調教と屋内坂路1本を15-15のキャンター調教を行ないました。スタッフは「障害調教を取り入れて、ルーメンが鞍上の話を聞いてくれる時間がより長くなるように接しています。脚での扶助をひたすら使い続けて推進し、気をそらさせないように調教しています。今は心を鬼にして、スパルタ教育をさせてもらっています。こういう性格の馬の育成は大変だけど、競馬では成績が出る事が多いような気がするので、我慢強く会話をしていきたいです」と話しています。その後、右前肢の歩様が乱れたため検査を行ないました。代表によると「検査の結果、右膝裏部が炎症を起こしており、繋靭帯近位付着部炎と診断されました。精神面の成長が見られれば夏競馬からの始動を狙っていたので残念ですが、秋競馬でのデビューに目標を切り替えます。炎症が落ち着くまではしばらく舎飼いで静養させるけど、このタイミングで馬体成長を促せるでしょう」との事です。測尺は体高156cm(+2)・胸囲174cm(-1)・管囲19cm、馬体重は404kg(-2)です。なお、本馬の兄グリューヴルムがオークランドTRT(4歳以上3勝クラス・阪神・D2000m)で優勝し、オープン入りしました。さらに、本馬の父リアルスティールの産駒フォーエバーヤングがUAEダービー(G2・ドバイ・D1900m)を制し、チカッパが昇竜S(OP・中京・D1400m)で優勝しました。また、本馬の競走馬名が【ルーメン Lumen 光束の単位(英)。母名より連想】に決定しました。


2024年3月撮影


2023年11月撮影


2023年10月撮影

血統表

Pedigree Table
リアルスティール
鹿毛 2012
ディープインパクト
鹿毛 2002
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
ラヴズオンリーミー
鹿毛 2006
Storm Cat Storm Bird
Terlingua
Monevassia Mr. Prospector
Miesque
リュシオル
鹿毛 2006
クロフネ
芦毛 1998
フレンチデピュティ Deputy Minister
Mitterand
ブルーアヴェニュー Classic Go Go
Eliza Blue
ホワットケイティーディド
鹿毛 1989
Nureyev Northern Dancer
Special
Katies ノノアルコ
Mortefontaine

募集要項
Information

入厩予定先
関西・栗東・鮫島一歩
総額(総口数)
900万円(200口)
一口価格
45,000円
維持費
3,000円/月(2歳1月より)
保険料
1,440円/年(2歳より)

分割支払い表

支払月 →
申し込み月 ↓
23年12月 24年1月 2月 3月 4月 分割回数
1歳12月 9,000 9,000 9,000 9,000 9,000 5回
2歳1月 11,250 11,250 11,250 11,250 4回
2歳2月 15,000 15,000 15,000 3回
2歳3月 22,500 22,500 2回
2歳4月 45,000 1回