CURRENT
SYNDICATION
募集馬情報
募集馬情報

④ミラクルクロス20 (ホッコータルマエ産駒)Miracle Cross 20

2020年3月12日生まれ
/ 鹿毛(生産:川島牧場)
2022年5月
2021年12月
2021年7月
2020年12月

生産・育成の現場から

Report

【競走馬名】

ミラクルキューブ Miracle Cube 奇跡の三乗(英)。母名より連想


2022年11月(2歳育成馬情報)

茨城県のスピリットファームにて、屋外ダートコースで軽めのキャンター調教を行ない、社長は「体温が落ち着いてからは体調も良好です。でも、初めての長距離輸送による輸送熱を甘くみてはいけないので、慎重に調教を立ち上げています」とコメント。その後は屋外ダートコース2500mと坂路1本を15-15のキャンター調教を行なっています。馬体重は466kgです。社長によると「長距離輸送後の立ち上げ以降は至って順調に調教が進んで、週に1回15-15の速めのメニューを取り入れています。ゲート練習も併行して行なっていて、まだ出るのはあまり速くはありませんが、入りから出までスムーズです。こちらに来てからの調教では、前進気勢が物足りず、乗り手の扶助が必要な状態です。体力的なものではなくて周りに気を使って走っている感じなので、これから環境に慣れて気持ちが走るほうに向いてくれば変わってくるでしょう」との事です。馬体重は464kg(-1)です。10月下旬には「継続して15-15を乗り込んでいます。ゲート練習も順調に進んでいて、もうトレセンのゲート試験に合格できるくらいのレベルにあると思います」と社長が話しており、ゲート練習の成果がうかがえます。なお、本馬の父ホッコータルマエ産駒のヒーローコールが鎌倉記念(重賞・川崎・D1500m)を制し、バンブーグローブが2歳新馬(新潟・D1800m)で優勝。また、本馬を管理予定の美浦トレセン・竹内厩舎所属のシンリョクカが2歳新馬(東京・芝1600m)で優勝しました。


2022年10月(2歳育成馬情報)

浦河町の吉永ファームでは、BTC内の芝コース1600mと屋内坂路1本を15-14の調教を行ないました。社長は「乗り込みを進めてきた事で一時的な疲れが出てしまい、コンディションが少し落ちましたが、すぐに持ち直しています。体調が回復してからは、さらに体力が付いていて成長が感じられます」と評しています。続いて「前進気勢が旺盛な気性を保ったまま、その気持ちに応えられる体力が付いてきました。心身の状態が上がってきているので、これからはトレセンへの移動に向けた調教に進めていきます」と社長が話すように、14-13の調教を行ないました。馬体重は465kgです。本馬を管理予定である竹内師の「徐々にでも確実に身体の成長を感じとれており、暑さが落ち着いた内地で調教を強化できる状態になったので、移動させて調教を進めます。性格が良い馬なので、このままの状態で競馬に向かえれば、ちゃんと能力を出してくれると思います」との意向で、9月下旬に茨城県のスピリットファームへ移動しました。到着後は、屋外ダートコースでハッキングキャンターの調教を行なっています。社長によると「1日で平熱に戻ったのですが、到着時に輸送熱を出しましたので、大事をとって3日間ほど静養させました。4日目から曳き運動を始めて、今週は馬場で軽めに乗っていますし、元気も戻っていますので、もう大丈夫でしょう」との事です。なお、本馬の父ホッコータルマエ産駒のタルマエロマエが2歳新馬(中山・D1800m)で優勝しました。


2022年9月(2歳育成馬情報)

浦河町の吉永ファームにて、BTC内の芝コース1200mと屋内坂路1本を15-14の調教を行ないました。社長によると「さまざまなコースを利用して日々の変化を持たせながら、毎日の調教に励んでいます。長めの距離をしっかりと乗り込んだり、短めの距離をサッと脚を伸ばす感じの調教を行なったりしていますが、変わらず最後までしっかりハミをとって意欲的に走れていますね」との事です。続いて屋内坂路1本と屋外ダートコース2400mを15-14の調教を行ない、社長は「順調に日々の調教を積み重ねてきて、体力が付いて身体に芯が入りつつあります。でも、数字上は十分な身体のサイズがありますが、欲を言うと馬体がやや小ぢんまりと映るので、これからもうひと皮むけるような馬体成長を期待しています」とコメント。その後はBTC内の屋内ダートコース1200mと芝コース1200mを15-14の調教を行なっています。社長は「芝での強め調教では、前へ行きたいという気持ちに対して、まだ身体がついてこない面が見受けられました。坂路やダートコースではそんな面は見られなかったので、基礎体力をもうひと段階上げつつ、芝コースでの走りの変化を見ていきたいと思います」と話しています。本馬を管理予定の竹内師によると「身体つきが急激に変わってきているわけではありませんが、視察するたびに筋肉のメリハリや中身の出来など、一歩一歩着実な良化を感じています。この調子で乗り込んでもらって、当初のプラン通りに暑い時期が過ぎたら内地の牧場へ移動させて入厩までの仕上げを行なう予定でいます」との事です。測尺は体高158cm(±0)・胸囲181cm(±0)・管囲20cm、馬体重は462kg(+5)です。


2022年3月撮影


2021年11月撮影


2021年6月撮影



2020年11月撮影



2020年8月撮影

血統表

Pedigree Table
ホッコータルマエ
鹿毛 2009
キングカメハメハ
鹿毛 2001
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
マンファス ラストタイクーン
Pilot Bird
マダムチェロキー
鹿毛 2001
Cherokee Run Runaway Groom
Cherokee Dame
アンフォイルド Unbridled
Bold Foil
ミラクルクロス
鹿毛 2008
フジキセキ
青鹿毛 1992
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ミルレーサー Le Fabuleux
Marston's Mill
ロイヤルクロス
鹿毛 1990
スリルシヨー Northern Baby
Splendid Girl
スタームーン シヤトーゲイ
ブラツクバトー

募集要項
Information

入厩予定先
関東・美浦・竹内正洋
総額(総口数)
800万円(200口)
一口価格
40,000円
維持費
3,000円/月(2歳1月より)
保険料
1,280円/年(2歳より)