CURRENT
SYNDICATION
募集馬情報
募集馬情報

②アラマサスナイパー22 (バゴ産駒)Aramasa Sniper 22

2022年3月27日生まれ
/ 黒鹿毛(生産:アラキファーム)

2024年4月

2023動画カタログ(高画質動画はこちら

2023年9月

2023年7月

2022動画カタログ(高画質動画はこちら

2022年9月

生産・育成の現場から

Report

【競走馬名】

ノエル Noel クリスマス(仏)。偉大な姉に続いてほしい


2024年5月(2歳育成馬情報)

浦河町のディアレストクラブ本場にて、BTC内の屋内坂路1本と屋外ダートコース2400mを17秒ペースのキャンター調教を行なっています。本馬を管理予定の斎藤(誠)師が「キンキンとした子供っぽい精神面が見られるので、まだ成長待ちの状態です。体力的にも余裕をもって15-15がこなせるようになるまでは、北海道で進めてもらいます」と話していましたが、その後は「気性面の成長が見られるので、使用可能になった屋外トラックコースを利用して、基礎体力面の強化を主体にした調教メニューに移行しています。ゲート練習も開始しました」とスタッフが話すように、精神的にも目覚ましい成長がうかがえます。スタッフによると「ゲート練習は、まずは通過する事から進めているけど、これまでは無駄な動きが多かったのに、拍子抜けするほどスムーズにゲートをくぐり抜けていきます。広くて何もない場所よりも狭くて気を使う場所のほうが、集中力が高まって良いのかもしれません。競馬向きの気性をしているように感じています」との事です。測尺は体高158cm(+1)・胸囲180cm(+3)・管囲19cm、馬体重は433kg(+1)です。なお、本馬を管理予定の斎藤(誠)厩舎所属アサカラキングがモルガナイトS(OP・福島・芝1200m)で優勝しました。


2024年4月(解説)

適度な前進気勢と、レースでは命取りとなり兼ねない我の強さ。兎にも角にも気性面が鍵だった本馬だが、ここに来て上昇気流に乗ってきた。以前は集団調教にストレスを感じていたが、すっかり慣れた様子。本当の大人になるにはもう少し時間が必要だが、乗り手の指示を聞ける余裕が出てきたのは、大きな成長といえる。そもそも血統表を見れば、これぐらいの“難しさ”は織り込み済みだ。父は2004年の凱旋門賞を制したバゴ。柔軟性に富んだボディー、そして並外れた闘志を武器にG1を5勝したファイターである。そして母の父はお馴染みのステイゴールド。自身の最大の長所だった気の強さを、産駒にも遺憾なく伝えて大成功した名種牡馬だ。そんな2頭のエッセンスを受け継いだのであれば、大人しくなるわけがない。携わる牧場スタッフには申し訳ないが、少々やんちゃなぐらいが頼もしいというものだ。今後もテンションが上がらないよう、攻め過ぎないメニューで乗り込まれる方針。しっかりと身体を使ったフットワークは一級品で、素質は間違いない。デビュー2連勝で函館2歳Sを制したクリスマスの全弟。もう少しどっしりと構えられるようになれば、姉に負けず劣らずの活躍も夢ではないはずだ。


2024年4月(2歳育成馬情報)

浦河町のディアレストクラブ本場にて、BTC内の屋内ダートコース3000mまたは屋内ダートコース2400mと屋内坂路1本を17秒ペースのキャンター調教を行なっています。スタッフは「馬体の見た目通りに素軽い動きをする馬です。飼葉をしっかりと食べているけど、今はあまり身に付いていない感じがするので、暖かくなった頃に身に付きはじめてくると思います。そうすれば、身体や動きに力強さが出てくるでしょう」と予測しています。本馬の気性面については「気温が上がってきた影響か、調教中に再び元気な様子を見せるようになってきました。強い気持ちがあふれ出てくるような感じなので、しっかりと制御しながら乗り込みを行なっています」と話しています。その後に、「今も気性のコントロールに重点を置いた調教内容だけど、以前のように鞍上が手を焼くような激しさは出さなくなりました。また、物事にひるむ事がまったくなくなって、逆に向かっていくような気性が出てきています。少し不器用なのかもしれないけど、その気性の強さがセールスポイントとも言えます」と評するように、競走向きの気性に成長しつつあります。測尺は体高157cm(±1)・胸囲177cm(±0)・管囲19cm、馬体重は432kg(+2)です。なお、本馬の父バゴの産駒ステラヴェローチェが大阪城S(L・阪神・芝1800m)で優勝しました。また、本馬の競走馬名が【ノエル Noel クリスマス(仏)。偉大な姉に続いてほしい】に決定しました。


2024年3月(2歳育成馬情報)

浦河町のディアレストクラブ本場にて、屋内ダートコース3000mまたは屋内直線1000mウッドコース2本を18秒ペースのキャンター調教を行なっています。スタッフが「走行ファームの安定を図りながら、基礎体力の強化に向けて、距離を延ばした調教を盛り込んでいます。まだ顔つきに幼さが残っているように子供っぽい気性をしているけど、それでも少しずつ心の成長が見てとれます。ようやく鞍上の指示を我慢して聞けるようになってきたので、以前よりもスムーズな調教が行なえています。今はまだ誰でも乗れる状態にはないので引き続きベテランライダーだけが騎乗しているけど、扶助に反抗するなど人間に対しての反発心が強いだけで走りに対して不真面目なわけではありません」と話すように、精神面の成長がうかがえます。さらに「馬体はまだ成長途上だけど、精神面が安定してからは走りがしっかりとしてきています。以前より集中して調教ができるようになった事で、無駄な動きが少なくなり、ちゃんと身体を使って走れているので、必要な筋力がついてきている印象です」と評するように動きや筋力も良化しつつあります。測尺は体高157cm(+1)・胸囲177 cm(±0)・管囲19cm、馬体重は430kg(-6)です。なお、本馬を管理予定の斎藤(誠)厩舎所属アサカラキングが阪急杯(G3・阪神・芝1400m)で2着に健闘し、ヨーカイディスコが3歳新馬(京都・D1200m)で優勝しました。


2024年3月撮影


2023年11月撮影


2023年6月撮影


2022年11月撮影


2022年8月撮影

血統表

Pedigree Table
バゴ
黒鹿毛 2001
Nashwan
栗毛 1986
Blushing Groom Red God
Runaway Bride
Height of Fashion Bustino
Highclere
Moonlight's Box
鹿毛 1996
Nureyev Northern Dancer
Special
Coup de Genie Mr. Prospector
Coup de Folie
アラマサスナイパー
黒鹿毛 2003
ステイゴールド
黒鹿毛 1994
サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
ゴールデンサッシュ デイクタス
ダイナサツシユ
ターミナルフラワー
黒鹿毛 1997
Salt Lake Deputy Minister
Take Lady Anne
Positioned Cannonade
Logistic

募集要項
Information

入厩予定先
関東・美浦・斎藤誠
総額(総口数)
1,200万円(200口)
一口価格
60,000円
維持費
3,000円/月(2歳1月より)
保険料
1,920円/年(2歳より)

分割支払い表

支払月 →
申し込み月 ↓
22年10月23年7月 8月 9月 10月 11月 12月 24年1月 2月 3月 4月 分割回数
当歳10月~1歳7月 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 6,000 10回
1歳8月 6,800 6,650 6,650 6,650 6,650 6,650 6,650 6,650 6,650 9回
1歳9月 7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 7,500 8回
1歳10月 8,700 8,550 8,550 8,550 8,550 8,550 8,550 7回
1歳11月 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000 6回
1歳12月 12,000 12,000 12,000 12,000 12,000 5回
2歳1月 15,000 15,000 15,000 15,000 4回
2歳2月 20,000 20,000 20,000 3回
2歳3月 30,000 30,000 2回
2歳4月 60,000 1回